とみさんの日記

物忘れが激しい世代の備忘録

独立して5年目にして作業部屋にエアコンを入れてみました。

f:id:tomiyoichi:20180704115338j:plain

これまで電気代とかいろいろ気になって、扇風機で乗り切っていたのですが、さすがに厳しくなってきたので、エアコンを導入してみました。賃貸なので壁に穴を空けるのはさすがに抵抗ありますので、窓枠に備え付ける型のコロナのCW-1618  2018年製です。

「備え付けに30分」とあるので、窓枠にエアコンの取付枠さえうまく付けばOKなのだろうと作業開始です。何分で出来るか?!

10cmの 立ち上がりが必要とな・・・

取り付けには、窓枠の出っ張り部分に取り付け枠をひっかけるわけですが、これが10cm以上の立ち上がりが必要とか。あまり低いとズレて落下の危険があるでしょうから、こんな感じでしょう。うちの場合には窓枠の手前に木枠があり、必要な高さが確保できなかったため、付属のL字金具を使ってひっかける高さを確保しました。アルミ/木製だとねじ込みだけで大丈夫ですが、スチール窓枠だと穴あけなどで大変でしょう。きっと。

上下の立ち上がり部分にひっかけて、ねじ止めで完了

立ち上がりさえ確保できていれば、あとは枠に合わせて高さ調整し、ねじで固定すれば完了。ここまでは楽勝ですな。むしろ外気除け、虫よけのパッキンの切断処理が面倒です。結構長いですから、目分量でハサミでチョキチョキだと曲がる事必須です。

おお、窓が締められるじゃん!

窓枠取り付けなので、取り付け側の窓は開けっぱなし。鍵が閉められないので防犯上の懸念もあるというのも購入するのをためらった原因の一つだったのですが、左側の窓への取り付けだと、右窓のレールに取り付け枠を固定する事になるので左の窓は締められるのですね。エアコン側に左窓が閉じ切らないようにするロックや、右側の窓が開かないようにする留め金も付属しているのですが、自室にいる時しか使わないので省略しました。出かけるときは窓を閉めて施錠できるので。

基本的に左窓への取り付けが想定されています

まあ日本の窓の作りだと、左が外側、右が内側で鍵なども作られているので、購入を考えている方は、基本的には左につける想定でパーツが組まれている事を想定しておいてください。勿論、右窓につける事も可能ですが、窓のロックパーツなどが使えなくなるので、別途に用意するとか、自作するなどが必要になってくる場合もありそうです。

本当に30分で出来ましたよ

まあパッキン周りや窓のロック部分などを省略したというのもあるのですが、本体の取り付けだけであればそんなに時間はかからないです。ただ本体がそこそこ重たいので、腕力無い人はサポート要員がいた方がいいですね。

はたして冷えるのか

電源入れて起動すると送風開始。しばらく放置していると本体から水が滴っているじゃないのと焦って説明書読むと、「右側のルーパーを開けて運転しろ」という事で大変申し訳ございませんでした。今日は外が風が強いものの、予報通りに30度程度。

自動運転でほっといていますが、27度程度まで下がり、何よりジメジメしないのが良いですね。普通に冷えてます。

レビューを見ると「音が・・・」などもありまして、そこも気になるポイントであったのですが、確かに運転音は屋外機があるモデルと比較すれば確かにウルサイのですが、自分にはそこまで気になるものでもなかったです。

 

そんなこんなで、入れてしまえば「なんで今まで買わなかったのだろう。汗だくでパソコン叩いていたのは何だったのか・・・」という感じで、わりとあっさりとインストールできました。

あとは電気代におびえつつ、恐る恐る使い込んでみようと思います。

 

 

 

 

 

2018年ワールドカップの日本 vs ポーランド戦における西野監督の采配の是非

W杯グループHの第三戦、日本 vs ポーランド戦でポーランドに 0-1で敗戦同じグループのコロンビア vs セネガル戦の結果次第で決勝トーナメント進出が決まるという微妙な状況の中で、後半終了直前にフェアーポイントで有利に立っている事からボール回しによる時間稼ぎ。自ら敗戦を確定させるもファールを取られるリスクを回避するというゲームプラン。

結果的にセネガルとのフェアプレーポイント差で、見事決勝トーナメント進出を決めたものの、あまりにも消極的なプレイにゲーム内容については賛否両論という評価となりました。サッカーの「試合」を捨てて、W杯というゲームでは戦略的勝利したという所に、スポーツマンシップや武士道精神からみての美学であったり、本意ではないショッパイ試合をこなしつつ実を取った日本代表へのエールなど、意見が分かれるのは、致し方ないところでしょう。

自分もリアルタイムで試合を見ていましたが、後半10分はサッカーの試合としてはこの上なくツマラナイものに感じたのは事実です。チケット買って見に行っていたら「金返せ」ものでしょう。

ここで印象的だったのは西野監督の采配です。負傷気味の岡崎の起用で枠を使ってしまったとか、スタメンを大幅に入れ替えた是々非々あろうかと思いますが、後半の戦略的視点からあのグダグダな試合を指示した点です。

状況的にはコロンビア vs セネガル戦はコロンビア1点リードの状況で、この状況のままなら日本とセネガルが勝ち点等で並び、わずかにフェアープレーポイントの優位で決勝トーナメント進出が決まるというところでした。

言い換えれば、西野監督の判断としては、「失点とファールを取られるリスクを極限まで減らして自試合を硬直状態にさせ、コロンビアの勝利に賭ける」というものです。監督自身はコロンビア-セネガル戦を見ているわけでは無いので、事前の戦力分析と報告される戦況からコロンビアが勝つ確率が高いと判断したのでしょう。もしセネガルが得点するという確率が非常に高いと判断していたのであれば、日本はリスクを取って得点を取りにいかねばならない状況です。

西野監督の意図がポーランドにも伝わったのか、すでに勝ちを決めているため、日本の時間稼ぎのパス回しに対応せずに、日本のさせるがままにした結果、「自らの敗戦を確定させるために時間稼ぎをして、相手もそれを見ているだけ」という不思議な試合展開となりました。

試合内容はともかく、この流れを判断した西野監督はスゴイなというのが観戦していた時の感想でした。とにかく同点まで持ち込めば自力で決勝トーナメント進出が確定するわけですから、自分だったら「自分たちで出来る事に、とにかく全力を尽くそう」として、失点リスクを顧みずさらなる攻撃を指示したかもしれません。

その代わりにキャプテン長谷川投入で指示を徹底させる事に舵を切る采配をしました。なにかチャンスがあればもう一点と考えたなら、攻撃を厚くするために本田などの起用もあったのかもしれませんが、「長谷川」を入れたことで西野監督の意図がハッキリしたように感じました。コロンビアへの賭けです。

セネガルを見ると追加点を取ってもおかしくないような勢いでしたし、実際に取って決勝トーナメント進出を逃していたら非難轟轟どころでは無かったでしょうが、日本代表は「もって」ました。

あの不確定要素が渦巻く中で、あのようなリスクを取る決断を下したことに、西野監督のスゴさを感じたわけです。一流どころの企業経営者の素質が十分ですやん。

 

 

 

 

 

 

四十肩と五十肩の違いがよく分からない

時間は残酷です。オッサンナイスミドルになるに従い、体にも年相応にガタが来るわけです。

で、「肩いてぇ~」とボヤいていると、人から「四十肩ですか?大変ですね」とか「五十肩ですか?」とか聞かれるわけです。そもそも「四十肩」と「五十肩」の違いとは何ぞや?という所に疑問を持ったのです。

症状の違いとか、痛みの重さなどで差があるのかなあと、軽くググってみても中年特有の肩の痛みくらいにしか情報が無いのです。つまりは、どっちもどっち。

という事は、人から私がどの程度、老けて見えるかの印象の差なのかなと思ったりするわけです。つまりは「五十肩」と聞いてきた人ほど、私が老けてみえるという事なのでしょう。きっと。

 

痛みの緩和についてもググってみると、温めろ/冷やせ、動かせ/動かすな などと相反する情報が出てきて大変Welqな香りが漂うわけです。まあ一般論として、腫れて熱を持っているような時は冷やせというのは常識のレベルとして、症状だけから見たら、どっちとも判断つかないときは難しいですね。

取りあえず医者に行って電気マッサージ、痛み止め注射を打たれ、「湿布ってどの辺に貼ったらいいですかね」「自分で考えろ!」など、ややスパルタンな診断を受けてきました。

以前より病院に爺さん婆さんが減ったような印象がありましたが、何か老年層向けの医療保険の制度が変わったりしたんでしたっけ。仲間入りも近いのだなあと思い至るわけです。

 

 

 

キリロム工科大の日本法人の設立記念パーティーに行ってきました

まあ、普通の人は知らないと思うのですよ。「キリロム」って。

www.kirirom.info

一言で言うと「カンボジア版の軽井沢のような高原リゾートと教育施設を作る都市開発プロジェクト」と言いますか、リアル版シムシティをやるような壮大なプロジェクトなのです。

これを進めているのは、猪塚さんという方で、私が以前に勤務していた「デジタルフォレスト」という会社の創業者でした。当時はアクセス解析ツールの戦国時代でSiteCatelystなどの大手の海外勢もあり、PCブラウザから携帯電話、スマートフォンなどのデバイスも増え、しのぎを削る開発競争が行われていましたが、その後、Google Analyticsの上陸により市場が崩壊。会社ごとNTTコミュニケーションズに売却されたという経緯がありました。

その後、猪塚さんは海外に「Googleが参入してこない」ビジネスドメインを探し、キリロムに出会ったとの事でした。

当初はリゾート開発だけだったのですが、その後、学園都市化を進め、エンジニア不足問題を解消すべく「キリロム工科大」への投資を進めます。

驚くべきは学費・生活費は全て無料という事で、その代わりに就学中にも開発プロジェクトへの参画、さらに卒業後、スポンサー企業に一定の期間、勤務することを要求されます。

平均的なカンボジア人の月収が日本円で数万円という水準ですので、この条件は非常に魅力的のようで、入学試験の倍率は20倍を超えるようになったとの事です。

日本側に法人格が無いと、報道の機会も少なく、株式上場など資金調達に伴う日本での活動に大幅な制約が出るとの事でした。常々「僕は日本のためにも頑張っているのに、とても冷たい扱いしか受けなくてツライ」とおっしゃっていたので、今回の東京事業所の設立は非常に小規模ではあるものの、日本での展開にはずみがつくきっかけになるといいなあと思います。

はてなブログに引っ越してみました

気づけば、相変わらずの放置上等で、直前の記事がすでにお星さまになってしまったハムちゃんの復活記事という事で、時の流れの速さを感じ入る今日この頃です。

で、はてなダイアリーディスコン風味を漂わせているようなので、何となく引っ越してみました。

お仕事のIT関連は、こちらも放置気味の仕事用サイトの方にアップして、こちらはユルフワ・キラキラ系で固めたいと思います。

ハムスターの復活

無事に年越し出来た我が家ではございますが、昨年末の一番の懸念は、ペットのハムスターでした。
11月の下旬から体調を崩して、体中に吹き出物が発生して毛が抜けまくり、一時は発作的な咳のような音を出して暴れたくらいでした。
体重も減る一方で頭やお腹の吹き出物の数も増え、獣医さんから指定された抗生物質を朝晩と飲ませ続けていたのですが、一時期は一緒に年越しできるのかしらと思うくらいに、病状はひどいものでした。

「なるべく体力を落とさないように」との事で、チーズなどの食べやすい高タンパク質食や野菜多めのペレットなど、とにかく好きで食べきりそうなものを与えていました。
保温用にヒーターを買ってみたのですが、逆に小屋に入らずに別の場所に巣材を持ち込んで寝る始末。
フン・尿をトイレでしてくれれば良かったのですが、寝る場所の近くにしてしまうので、お腹の方が不衛生にならないように小まめに掃除をするなど、冬休み期間中で良かったのです。

投薬を始めてから3週間くらい、クリスマスを過ぎたあたりでしょうか、進行が落ち着いてきたかなと思ったら、今度は赤くなった地肌から産毛のようなものが生えてきて、「おっ、これは回復傾向か?」と期待感が出てきました。

そして冬休みに入ってからは、みるみるうちに元気になりまして、まだ体重は戻らないものの毛は生えそろい、お散歩に出せとせがむ程度まで回復しました。

獣医さんに連れて行ったところ、お腹のかさぶたが取れるあたりまで、大事をとってもう1週間、投薬を続けて、特に問題ないようなら終了で大丈夫でしょうとの所見。

まずは新春早々、幸先の良いスタートでした。

あけましておめでとうございます

すっかり放置していて、久々にみたらフリーになったとき以来じゃないですか。
使い分けとしては仕事に関係なさげなネタは、こちらに投下していこうかと思います。

ここ最近のお正月は山中湖近くのペンションに泊りに行くのが恒例になりました。
システム運用の仕事をしていた時は、障害通知が届くと気が休まらないため、強制的にリフレッシュすべく必ず海外に行くと決めていました。
そんな必要もなくなってからは、たまたま泊ったペンションが気に入って、ちょいちょいと来るようになってから、他の常連さんとも仲良くなり、
「来年もまた会えたらいいですね」とか、ゆるい感じでお別れするのですが、翌年に行くとまた一緒になるの繰り返し。
普段の付き合いは全くなく、正月だけを一緒に過ごす関係性も面白いなあと感じています。

フリー(厳密にはスカイデータという会社もやっている)としては、ドタバタしながらも、まずまず生きていけるようになりまして、
今年はいろいろと封印していたものを再開してみようかと考えています。
まずはギターかな。

あらためて今年もよろしくお願いします。